−木造耐震3階建住宅−

TOP 家づくり 住まいさがし リフォーム ハセベ町屋イン 会社案内

よくある質問とその回答(FAQ/Q&A)

プラスワン工法とは? 木造耐火住宅とは?
Q.プラスワン工法は普通の木造とどう違うのですか?
A.木造住宅には在来軸組工法と、壁パネルを組み合わせた2×4工法があります。

プラスワン工法は在来軸組工法の仲間ですが、在来工法の軸組みの中にパネルを組込んだかたちになっています。

柱、梁の内側にパネルを組込むことで耐震合板の強度を最大限に利用、また工場生産による精度の高さと、工期の短さ(45日)も特長になっています。

在来軸組工法の特徴である設計の自由度の高さはそのまま2×4工法以上の強度を持っています。

Q.木造で3階建て。大丈夫ですか?
A.1987年の建築基準法の改正で、木造の3階建が可能になりましたが、2階建に比べ、構造計算、防火の処置、避難方法の確保など様々な規制があります。

プラスワン工法は建築基準法の1.5倍の強度で耐震性に優れている点、都心に近いお客様が多いことから、3階建ての設計、施工経験で他社をリードしています。

Q.どのくらいの震度に耐えられるのですか?
A.プラスワン工法は、品確法の耐震等級で最高ランクの等級3程度。建築基準法の1.5倍の強度があります。

建築基準法で要求される耐震性は、数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)に対して倒壊はしないが、損傷をうける可能性はあるというものですが、その1.5倍の強度があるということです。

Q.プレカットとは何ですか?
A.大工さんが現場などで加工していた木材を、工場で事前に正確にカットするのがプレカットです。

現場のミスを防ぐだけでなく、精密な加工が構造上の強度を正確に確保できます。

また工程の短縮、人件費のコストも削減できます。

現場の騒音や廃棄物を大幅に減らせるメリットもあります。

Q.金物工法とは何ですか?
A.一般の木造軸組の柱や梁の接合部は、木材に刻みを入れた仕口で組み合わせていましたが、その部分を専用の金物で固定する工法です。

仕口に比べて木材の欠損が少ないので、より強度が高くなります。

Q.家が出来上がるまで何日ぐらいかかりますか?
A.建て方から仕上げ工事が終わるまで一般の木造では100日程度ですが、プラスワン工法なら45日程度でできあがります。

Q.プランスワン工法の実物を見学したいのですが
A.ハセベの施工途中の現場は、是非見ていただきたいところばかりです。

ご連絡をいただければ、担当者が数件の現場をご案内いたします。


株式会社ハセベ フリーダイヤル0120-210-390
Copyright © 2016 Hasebe Co.,Ltd. All rights reserved.