−木造耐震3階建住宅−

TOP 家づくり 住まいさがし リフォーム ハセベ町屋イン 会社案内

プラスワン工法は、都市型住宅に対応した工法です。

地価が高く、広い土地を確保するのが難しい都市部では、限られた敷地を有効利用することが大切です。
狭小地に、ゆとりある空間を確保するには、プラスワン工法『2階+1階』木造3階建てを用いた住宅が適しています。

狭小地住宅 施工例
敷地面積6.2坪の狭小地に建つ家
お客様のお声
以前お世話になった台東区の不動産会社から「荒川区で建築という
ことならハセベさんがいい」とご紹介いただきました。
実際に依頼し、狭小地で想像以上の住宅を建ててもらい、ハセベさん
にお願いして良かったと思っています。
弊社 設計者より
狭小敷地での建替えの依頼があり、計画にあたっては隣地との間を
施工が出来る最小(45cm)に抑え、建築面積を可能な限り広げました。
敷地に限度があるので、居住空間を確保するため天井高の利用を考え
ました。3階居室部に吹き抜け・ロフトを設けて、天井高を高くすることで、
帖数以上の広さを感じるようにしています。
また、内部の仕上げは明るめの色を基調とし、広い空間を演出しました。
天井高が高くなったことと色の活用で、広い空間をつくることが出来たと
思います。
【図面】
敷地面積6.2坪、延べ床面積11.5坪の都市型住宅です。
天井を高くし、ロフトを設けるなど、狭さを感じさせない工夫をしています。
プラスワン工法は防火地域(狭小地)でも力を発揮します
弊社なら防火地域でも木造耐火3階建てが可能です。
木造建築の利点
1.鉄骨造・RC造(鉄筋コンクリート)より建築コストが低く抑えられます。
2.4m未満の狭い接道敷地でも、木造の為資材の搬入が可能で、低コストです。
3.工期は、全ての躯体を工場で加工するため、鉄骨造・RC造(鉄筋コンクリート)より短期間です。
このような利点が木造にはあります。木造建築をお考えの方は是非お問い合わせください。

Copyright © 2016 Hasebe Co.,Ltd. All rights reserved.