−木造耐震3階建住宅−

TOP 家づくり 住まいさがし リフォーム ハセベ町屋イン 会社案内

給水管のスケール(水垢)・錆付着を食い止めます。

スケールバスターの主な利点
可動部分がないので、制御は必要ありません。
自動操作のため電流の消費がなく、保守も必要ありません。
静水の場合であっても、非常に安定した性能を保ちながら水の重要な
特質に応じて効果を発揮します。
微生物の発生を抑えるとともに、高いレベルのエコロジーを実現します。
スケールバスターの原理
スケールバスターは、スケール・錆・スライムの除去と再発を防止する装置です。
外部から電流や電圧を加えず、電気分解と静電気を利用する、「デュアル・システム」が動作原理です。
亜鉛防食用陽極によるガルバーニ電極作用(電位の傾きを発生)が、このベースとなっています。ガルバーニ電極の回路電圧は、水質に応じて異なります。また、ポリテトラフロロエチレン(テフロン樹脂)の流水路を装置内に複数配置し、水と接する絶対面積を広くすることにより静電気を大量発生させます。
この結果、水中に含まれるスケール粒子は以前よりはるかに大きな構造体に変化し、均一な丸い形状になることで、粒子の上下運動が活発になり、給水管本体にスケールが付着しにくくなります。
結晶学上このような変化が起きる理由は、イオンの分極作用であるとされています。粒子サイズは、ほんの数マイクロメートルです。硬化剤の凝集は、結晶体の形成にとって一層効果的です。
スケールバスターの効果
スケールバスターを設置することによって、スケールが付着した面に対し、結晶体の形成と水圧作用による研磨・侵食効果が生じます。また、金属イオンの不活性化により、腐食が少なくなります。
スケールの一次層は、物理的な吸着力が強いためそのまま残り、給水管の断面に応じて様々な厚さの保護膜が形成されます。これは、給水管全体を保護するため性能が向上するとともに給水管の耐久性も伸張していきます。また、水を軟水化させることがないので、水中に含まれる貴重なミネラルが取り除かれることはありません。水道水特有のカルキ臭は、ほとんど感じなくなり美味しく飲むことができます。
某戸建宅の継手/
設置前(左)と設置後(右)
某工場内の配管状況/設置前
(2002年1月)
某工場内の配管状況/設置後
(2002年4月初)
某工場内の配管状況/設置後
(2002年4月末)
世界で認められた品質
スケールバスターは、公認規約である12 Section 4 AVB waterに準拠し、TUV/GSマークおよびHygine Institude(ドイツ/ゲルゼンキルヒェン)によるKTW検査証明書を取得しています。
また、スケールバスターは全世界で、WRC-Water Byelaws Schemeによるテスト済みです。

株式会社ハセベ フリーダイヤル0120-210-390
Copyright © 2016 Hasebe Co.,Ltd. All rights reserved.